なぜ安くなるのか

男性作業員

最近は、格安の引越し会社が増えてきています。これは、引越し会社自体が増えたことも理由の一つになりますが、やはり日本全体で物価が安くなっている傾向にあるからとも言えます。事例を一つだすならば、最近流行しているものに一人暮らし用の単身パックと呼ばれるものがあります。会社によってやり方の違いはありますが、一人暮らしの人がこのパックを使うことで格安で引っ越しをすることが可能になります。特徴の一つは、最初からコンテナの大きさが決められており、その範囲内で荷物を詰め込むことができる点です。コンテナの大きさは、縦と横が1mずつで、高さが1m 30センチから1m70センチぐらいになっているでしょう。この範囲内で荷物を収めることができれば、東京と大阪の間を\30000ぐらいで引越しすることが可能です。

基本的に混載便になる

男性作業員

引越しを格安でするならば、単身パックが有利になりますが、これらは基本的にその人専用のトラックを出すわけではなく、混載便と呼ばれるトラックの中に荷物を詰めることになります。家族の荷物ならば、ひと家族分は一台のトラックないしは2台のトラックに収めて移動していきます。ですが、単身パックの場合は一台のトラックに複数のコンテナを載せることになるでしょう。つまり、一台のトラックの中に自分の荷物だけでなく知らない人の荷物などが入り込んでいるわけです。もちろんコンテナで分かれているので、まざることはまずありません。

業者選びからスタートしよう

トラック

引越しの準備としては、業者選びからスタートする必要があります。格安のところ選びたいならば、格安の引っ越し業者だけを対象にして連絡を入れてみると良いです。たいていの場合、インターネットから予約になりますが、直接電話をかけても問題ありません。この時、担当者が来てくれますがその担当者の態度で契約をするかどうか決めてもよいでしょう。この時見積もりもおこなわれますので、値段が安い所を選ぶのがよいことは言うまでもありません。ただ、その中身をしっかりと確認をしておくことが必要です。

どこまで自分たちで準備をするか

ダンボール

格安の引越し業者を選んだ場合でも、事前に準備をしておけばもっと安くすることが可能になります。例えば、準備の一つは荷造りになります。荷造りは、業者によってもらうこともできますが、金銭的な負担が大きくなってしまいます。特に、家族で引っ越しをする場合にはかなりの荷物が出ますので、それだけで引越しの料金が\10000ぐらい変わってくることも少なくありません。特に往復とも業者にやってもらう場合には\10000程度のお金は覚悟しておいた方がよいです。もちろん、仕事が忙しくてなかなか自分たちで行うことができない場合は、お金を払ってでもやってもらう価値は十分にあると言えます。

広告募集中